FC2ブログ

タイトルなし

なんとなく笑って
なんとなく泣いて
なんとなく大人になっていく
いつも行っていた美容院の、いつも切ってくれていた美容師さんがいつのまにかいなくなっていた。『お仕事は順調ですか?』とか、『今日はこれからどこか行くんですか?』とか、そんなどうでもいい会話がもうそこにはない。その人よりも少し若い美容師さんが少し慣れない感じで僕の髪を切ってくれる。
僕は美容院が苦手でいつも緊張していた。鏡に写る自分の姿が恥ずかしくていつも目をつむっていた。でもその人はいつもきまって、『似合ってますよ』って言ってくれた。一日何十回も言うであろうその言葉の中の、その人が僕に向けて言ってくれるその一つが、なんだか照れ臭くていつも少し嬉しかった
その人がいなくなったその場所で、いつものように目をつむっている自分。薄目ごしに見た鏡に、写っていた自分の姿も美容師さんも、なんだかその日は別のものにみえて、いつも以上に強く目をつむっていた。慣れない髪を指でいじりながら、なんでこんなに涙がでるんだろうって
なんとなく悲しくなる
なんとなくそこにあったものが
なんとなく消えて
なんとなくそれの大事さに気付いて
なんとなく涙がでる
なんとなく笑って
なんとなく泣いて
なんとなく流されていく
玄関の前ではいつもの猫が待っていてくれて『ただいま』って言うと、そいつは返事をしてくれる気配さえない。少し前までは僕の顔を見るだけで逃げ出していたそいつは、今は目の前で完全に無視してくれる。そいつの鳴き声は聞いたことがないけど
なんとなくそのうち聞ける気がして
なんとなく嬉しくなる
なんとなくそこにあるものに
なんとなくほっとして
なんとなく一人じゃないんだなあって
なんとなく思う
なんとなく笑って
なんとなく泣いて
なんとなく毎日が過ぎて
なんとなくそれを実感して
なんとなく焦って
なんとなくジタバタしてみる
翼さもないのに飛べる気がしてみたり
足があるのに歩けない気がしたり
あの子を好きになったりして
なんとなく眠れなくなる
なんとなく笑って
なんとなく泣いて
なんとなく全てが思い出になって
なんとなく全てを忘れて
なんとなく嫌だけど
なんとなく大人になっていく
だから僕は今日も、家の前で待っていてくれたなにもいわないそいつに『ただいま』って
なんとなく言ってみる
大人になってしまう前にそいつの鳴き声が聞きたい
スポンサーサイト



<<  | HOME |  >>

プロフィール

堺沢

Author:堺沢

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する