FC2ブログ

朽ち果てた後に

私は美容院が苦手だ。大の苦手である。多分苦手な場所ベスト3に入るだろう。それくらい苦手だ。
因みにベスト1はクラブ(キャバクラではない)である。

美容院には二ヶ月に一度くらいのペースで行っている。
別に自称カリスマと称しタメ口で話してくる美容師や、似合ってもないのにめちゃめちゃカッコイイですよ~と意味もなく語尾をのばしてくる美容師が苦手というわけではない。当然そいつらは嫌いだが。

私が通う美容院の美容師さんはみんな素敵な人ばかりで、担当してくれる美容師さんも話し好きな人なのでとても楽しい時間を過ごさせてくれる。こちらに話す隙を与えないくらい喋る時もある。あと表情が豊かだ。リアクションもデカイ。そしてよく笑う。だからいつも美容院に行くのは楽しみである。でも苦手。

まず目の前に鏡があるのが原因の一つである。目を閉じない限り必ず自分が視界に入ってくる。笑っている自分が写る鏡。勘弁してほしい。
次に体を覆うビニールのシート。これが完全に駄目だ。締め付けられる感覚というか押さえ付けられる感覚が全身を襲い苦しさが込み上げてくる。耐えようと思えば思うほど体は汗ばんでいき、気が付けば額から汗がたれてくる。その汗で額にくっつく前髪。それを写し出す鏡。ここは地獄か?
なんとか耐え抜きビニールシートを取った私の体には無数の水滴が浮かび上がっている。立ち上る蒸気。完全に恥ずかしめられた…。
「今日も汗かいてますね~。暑い?暑い?」と、笑いながら言ってくる美容師さん。そんなあなたが私は好きだ。
シャンプー中終始動き回る顔の上のガーゼ。あのガーゼのうまい扱い方を誰か教えて下さい。

無事全てを終え外へ出ると少し冷たい風が汗ばんだ体を心地よくなでていく。気持ちいい、がこのままでいると風邪ひくな。
上着に袖をとおしながら駅へと向かう。

二ヶ月後またこの場所にくると思うと楽しみでもあり恐ろしくもある。
ただこの美容師さん以外の人に髪を切ってもらおうとは、今のところ思わない。
スポンサーサイト



<<  | HOME |  >>

プロフィール

堺沢

Author:堺沢

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する