FC2ブログ

ご挨拶

20091230164023
下北沢駅に降り立った、男4人・女1人、計5人。
街はいつも以上に人で溢れかえっている。
その人混みを抜け地下にある居酒屋に入る。
はたから見ればただの飲み会に見えるかもしれない。
ただ、これはれっきとした忘年会である。

『オトコトバ忘年会』

一年の疲れを癒すべく飲んで、食べて、飲む。
そして酔う。

今年一年、オトコトバに携わって頂いた、役者さん・スタッフさん・ボランティアスタッフさん・その皆様を育てて頂いたご両親様・そしてお客様・本当に本当にありがとうございました。
来年もオトコトバ頑張っていこうと思っております。
またどこかで皆様とお会いできることを楽しみにしております。

素敵な年越しを、そして来年も皆様にとってハッピーな一年になりますように。

わたくし一応主宰ですから。
たまにはこんなこともしてみたりして。

堺沢 隆史
スポンサーサイト



タイトルなし

20091228214029
クリマスだし
チキン食べたり
シャンパン飲んだり
ゲームしたり
したいじゃん

翌朝

サンタ…現れず…
吹き出物…登場…
震度5の頭痛…発生

こんなクリスマスも
悪くない

温もりが世界を変える

ナビタイムの出発駅に秋葉原、到着駅に外苑前と入力し電車に乗る。
苦なく目的地に到着。
ナビタイムは驚くほど便利だ。

待ち合わせより少し早く着き喫煙所でタバコを一本吸う。最近歩きタバコ禁止地区が増えた分、こういったちゃんとした喫煙所が町に増えた気がする。
灰皿は驚くほど便利だ。
歩きタバコは駄目。ポイ捨ても駄目。
いつかタバコはやめようと思う。

しばらくの時。
待ち人現わる。

外苑前から徒歩で何分か歩き目的地に到着。
『ダイアログ・イン・ザ・ダーク』
暗闇の中を歩く。

荷物、ポケットの中身、腕時計、全てをロッカーに入れ完全な手ぶらとなり、簡単な説明を受ける。その説明者は健常者である。
同行者は全部で六人。

暗闇の世界に入る準備を整えた頃、ガイドをつとめてくれる全盲者が現れる。
彼には僕らが見えていない。
僕らには彼が見えている。
ただ、そのことは2秒後に意味を無くす。

完全なる闇。


声でお互いの場所を探り、手に触れる感触で世界を確認する。
聞こえる息遣いが唯一の道しるべだ。

しだいに慣れていく体。それにあわせ闇は姿を変えていく。
目に見えるものは所詮偽物である。
闇を心地いいと思う一方で、作られた闇と本当の闇の違いに愕然となる。
体験をすることは出来ても、理解することは難しい。
ただ、それでいいのかなとも思った。
体験をすることが大事だ。理解はその後にある。

闇の中で感じること。
何も見えないことよりも、誰にも見られてないということの方が、強く感じられた。

立場、地位、見栄、外見、………。

光の世界に戻ると、一瞬でその世界が当たり前と化す。
興奮した気持ちが自然と口を動かしていく。盛り上がる空気。
そんな中、自分の座る椅子を手をのばし探す全盲のガイドさん。
立場は一瞬で逆転し、そのことに気づかない健常者達。

彼らには世界は一つしかない。
僕らには世界は二つある。
たった一つの重み。

明るい中ではその重みは空気のように軽く、目にとらえることができない。
だから目を閉じよう。

世の中は驚くほど便利だ。
ただ少し冷たい。

タイトルなし

20091209003646
気づけばクリスマス。
サンタ、カモーン!!

<<  | HOME |  >>

プロフィール

堺沢

Author:堺沢

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する