FC2ブログ

『ネコ騙し辞典お:お母 さん』

母親のありがたみを知ったのは、初めて一人暮らしをした19歳の時。
あまりの寂しさに母親に電話した。

あれから10年が経って自分も老けたが、いつの間にか母親の白髪の量も増た気がする。

そろそろ親孝行をはじめたい。

『何をすれば?』

とりあえず言わなくてもわかっていることを言葉にしていこうかと思う。
言わなくても伝わるなら、言ったていいじゃないか。

あと、母の日を年に三回に増やそう。


多分世界で1番僕の味方だ。

「もう充分楽しんだでしょ?」と言いながら、数少ない僕のテレビ出演「でた!でた!」とはしゃぎながら見守ってくれている。

「売れたら家買ってね」と笑いながら言う母の言葉は、笑えないが嬉しい。

一緒に飲むと「飲み過ぎでしょあんた」と、死ぬほど幸せそうな顔をして言ってくる。

特別なことはなにもない。
それが自分の母親だということ以外は。


会えるうちに会いに行こう。
それでとりあえず、10年前僕の電話を聞いて次の日に駆け付けてくれたお礼を、言おうかな。
言葉にして。
スポンサーサイト



『ネコ騙し辞典~え:エ レクトリカル ラブ パレード 』

この企画をやるようになって、自分でブログを書かなくなった。この企画以外。

ツイッターをやるようになって、普段つぶやかなくなった。ツイッター以外。

『んなわけあるかい!』


何事にも期日があるのは悪いことではない。
決められたことは守る。
それが大人だ。
前回期日を守れなかった劇団員がいたが、即刻処刑にすべきだと思った。

『マツコデラックスによる窒息の刑』で。


[あ]から始まった猫騙し辞典。お題を劇団員が順番に考えるという新たなルールも加わった。

[あ]憧れ、[い]田舎、とまず西永氏が提案。
始まりのお題としては書きやすく、明るく、興味をひきやすい。さすが主宰。帽子同様小物の扱いがうまい。知らんけど。

続いて[う]嘘、と佐々木氏が提案。前回の流れを受けつつも若干の路線変更。書く人間によっては多少深く、暗い部分を垣間見れる。読者を飽きさせない一つの方法だ。
シャツ・オン・細ネクタイ佐々木氏。
ネクタイ同様しめ具合がうまい。

そして[え]エレクトリカル ラブ パレード。
提案者ヴィン氏。

『なんで?!』

たしか西永氏から、「固有名詞は書きにくいし内容が偏るから最初は書きやすいお題にしましょうね。はい、お昼寝。」と、幼稚園の先生が子供に教えるような丁寧さでメールがきていた気がするが、
『エレクトリカル ラブ パレード』

うん。まぁ、いいけどね。
もともとヴィン氏は規格外な存在なので。
逆にヴィン氏に『え:遠距離恋愛』なんてお題をだされた日には、食パンに変な物挟んで食べたんじゃないかって心配になりますわ。
おそらく彼は宇宙人ではないかと私はふんでいる。
そんなヴィン氏に久しぶりに会うとなんかテンションがあがるのだが、
まぁ気を抜くとナイフのような言葉で笑いながら切りつけてくるから要注意。

はい。本題。
ではそんなヴィン氏がなぜ『エレクトリカル ラブ パレード』というお題にしたのか。
考えられる理由としては三つある。

①猫☆魂公演『エレクトリカル ラブ パレード』が好きで好きでしょうがないから。
②猫☆魂公演『エレクトリカル ラブ パレード』に出演しなかったのを死ぬほど後悔しているから。
③[え]がつく単語を他に知らないから。

どれでもいい。
てか、どれでもない。
しかも、どうでもいい。


これは余談だが、以前芝居で劇団員の一人が『エレクトリカル パレード』を歌いながら機会人間として登場するという、伝説的なシーンがあった。
私の素敵な思い出の一つである。

さてこれからあといくつ素敵な思い出ができるんだろう。
こんな人達に囲まれていたら、この先の道はまさに『エレクトリカル ラブ パレード』ですな。

はい。でたー!!
おあとがよろしいようで。

<<  | HOME |  >>

プロフィール

堺沢

Author:堺沢

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する