FC2ブログ

タイトルなし

20061006022755
AM7:00 目覚ましが鳴る。休日にこんなに早く起きるのは久しぶりである。目覚ましを止め再び布団の中へ。僕はこの瞬間が1番好きだ。

AM9:00 2度目の起床。あっという間に2時間がたっていた。布団の中でもう1度寝るべきかとしばし考えるが、我にかえり慌てて起きて準備をする。バックに荷物をつめ家を出る。
ちなみに僕の2番目に好きな瞬間は、ここでもう1度夢の世界に行くことである。

AM10:50 東京駅に着く。新幹線に乗るのは久しぶりである。ただ残念なことに乗り方がよくわからない。とりあえず頭上にある新幹線という看板の矢印を頼りに進む。なんとか乗り場付近にたどり着く。さて次はチケットの買い方である。とりあえず近くにいた駅員さんに聞き無事チケットを手にする。親切な駅員さんで助かった。
次の問題は何番線に乗るかということである。掲示板に目をやりとりあえず近くにいた駅員さんに声をかける。親切な駅員さんで助かった。
チケットを改札機に入れた瞬間ブザーが鳴り響く。すると側にいた駅員さんが「2枚一緒に入れて下さい」と声をかけてくれた。東京駅には親切な駅員さんが多い。
「こんなことで大丈夫か?」と一瞬不安になるが「なんとかなるだろ」と足早に階段を上がる。旅はこれが面白い。

PM1:20 目的の駅に到着。ただここで予期せぬ事態が起きた。お腹が痛くなったのである。喫煙車ということで張り切って煙草を吸い過ぎたのか、コーヒーの飲み過ぎか、どちらにせよ目的地を変更せざるをえない。まずはトイレだ。できれば洋式で。

PM1:45 和式だった。お腹の痛みは多少おさまったものの、気を抜ける状態ではない。「ついてない…」。ただそんな事も言ってられないのでとりあえず目的地に向かうことにする。ただ貰った地図を見て愕然とする。まったく行き方がわからない。家で見ていた時は宝の地図のように思えたのに、今手元にあるのはただの紙切れでしかない。トイレにトイレットペーパーがあった今もはやこの紙切れの使い道はそうない。
まぁそう言いつつも一応地図なのでなんとなく方向や道は記してある。「なんとかなるだろう。歩いても1時間くらいかな」と何の根拠もない自信を胸に歩きだしたが、さすがに何も知らない街では多少の不安が襲ってくる。間違った道を1時間歩いてとんでもない所に着いてしまい「旅はこれが面白い」とも言ってられない。
とりあえず駅の中にある総合案内所に行ってみる。地図を手に「ここに行きたいんですけど」と訪ねると、詳しく行き方を教えてくれた。親切な案内係さんで助かった。
ただ何よりも助かったのはバスで45分かかるという事を知れた事だ。あぶなかった…。旅は以外に危険だ。

PM2:45 バスを降りる。近くにあるコンビニに立ち寄り、水と煙草と地図を手にカウンターに向かう。声をかけるのは今日何人目だろう。「ここに行きたいんですけど」と。
世の中に親切な人は以外と多い。

PM3:15 目的地に到着する。長かったようで短かった道のり。3年ぶりに会ったその人はまるで変わっていない感じがした。毎日会っていたような気もするし、もう2度と会えない気もする。
買ってきた煙草に火をつけて「久しぶりですね」と声をかける。なんだか照れ臭かった。この3年自分にあったことや、昔の話をして少し笑った。時折ある沈黙が妙に心地よかった。この場を離れたくなかった。煙草はもう2本目だ。
特別な感情が生まれたりすることはなかったけど、普通すぎてそれが不思議だった。本当に信じられない事が起こると多分それを受け入れることができないのだろう。そんな感じがした。現実は違うけど。だからたまに少し悲しくなった。かなしすぎた。
最後の煙草に火をつけて「また来ますね」と声をかけてその人と別れた。会えてよかった。
あの人は言ってくれた。「君はくるよ」と。僕は今でもそれを信じている。

……… 目を閉じるとそこは暗闇でいつも思い出す。真っ暗なトンネル。携帯はもう繋がらない。

PM9:30 家に到着。今日は10月4日。少し疲れた。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakaizawa.blog23.fc2.com/tb.php/13-9aa49bb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<  | HOME |  >>

プロフィール

堺沢

Author:堺沢

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する