FC2ブログ

昔話を付け加えながら書きつづると、必然的に文章は長くなる。


オーディションに行ったら顔見知りがいるとか、のっぽの痩せがくさるほどいるなんてのは日常茶飯事だが、これだけ知り合いが多いオーディションも珍しい。
控室は、どこかの劇場の楽屋と化している。

ちなみに数年前GAPのCMオーディションを受けた時は、武器である自分の大きさを初めて呪った。
GAP…でかいから呼ばれたけど。
顔が違うだけで人ってこんなに変わるんだね。
でかくて、体型がよくて、ありとあらゆるジャンルの男前がわんさかいたよ。
俺…なんでここにいるの?みたいな。
「刺身のツマが好きなんだよね」なんて言う奴は、確実にその前に極上の刺身を食っから言っている。
乾杯直後にツマ食ってみ。そんなもんただの大根だから。
そりゃ相手役の女の子も苦笑いですよ。刺身食わせろってかばかやろ。

この話を友達にしたら「堺沢君は韓国行ったらモテる顔してるよ」と言われたが一つも嬉しくなかった。
ほっとけばかやろう。
お前をインドでモテる顔にしてやろうか。
インドの方々ごめんなさい。


そして本日のオーディション。
顔見知りに会うとホッとはするが全員敵でもあることもお忘れなく。
監督に、誰か一人だけ合格にしてあげるよと、もし言われた時「僕お願いします」と一歩前に出る勇気はあるんだろうか。多分ない。
そこで一歩出れる奴が、個人的に僕は好きだ。
そういう奴には道端に転がっている石だってチャンスにみえるはず。

「ダックスープからきました堺沢隆史、30歳です。宜しくお願いします。」
簡単な自己紹介。
以前はダックスープという時に5回に1回は噛み倒していたが、今は7回に1回になった。成長だ。

基本的に私は……口がまわらない。

以前映画20世紀少年の撮影で『運命の子!』というセリフを『え?どん兵衛のもと?』と聞き返されたことがあった。
アホかお前の耳は。


四人一組で行うオーディションを終え、四人一組で居酒屋へ。

オーディションの後は酒がうまい。
四人で受かったらいいね、なんて話す。
本当にそうだ。
この四人が受かったら死ぬほど楽しいはず。
夢のような話。
一緒に戦ったからこそ話せる夢の話。
たまには話したい。
夢を。
『どうせ駄目だ』という言葉をアルコールでぼやけさせ。


人生とアルバイトを共にする劇団員秋枝(写真左)。
竹をこよなく愛し和柄争いを熾烈に繰り返す男、岸潤一郎(写真真ん中)。
そして元美容師店長という恐ろしい肩書を持つ永遠のベビーフェイス、福田高徳(撮影)。

ヤベェ。このパーティー最強じゃね?
ただ…勇者がいねぇ…
スポンサーサイト



コメント

変わり者(;^_^A

変わってるって言われるけどわりといい人だよ(笑)!!お笑い好きな人だったら話盛り上がりそうだねO(≧▽≦)O 色んなことに興味深々でおっちょこちょいだからそばで支えてくれる人募集中σ(゚-^*)自分の年齢的に年下の男の子はアウトだからごめんね(*_ _)人 u-3-ummm52@docomo.ne.jp

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sakaizawa.blog23.fc2.com/tb.php/75-0a55608a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<<  | HOME |  >>

プロフィール

堺沢

Author:堺沢

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する